ステロイド以外の治療 新薬

世界初の外用JAK阻害薬コレクチム®軟膏(デルゴシチニブ)

投稿日:2020年4月23日 更新日:

新薬

2020年1月23日、日本たばこ産業株式会社(JT)及び、鳥居薬品株式会社は、アトピー性皮膚炎治療薬「コレクチム®軟膏 0.5%」(デルゴシチニブ)について、日本国内における製造販売承認を取得しました。

世界初となる外用JAK阻害薬「コレクチ ム®軟膏 0.5%」(デルゴシチニブ)は、2020年6月24日より鳥居薬品が販売を開始します。

 

コレクチム®軟膏 0.5%は、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすヤヌスキナー ゼ(JAK)の働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することでアトピー性皮膚炎を改善す る、非ステロイド性の世界初の外用 JAK 阻害剤です。

国内で実施した 16 歳以上のアトピー性皮膚 炎患者を対象とした第Ⅲ相臨床試験において、有効性の主要評価項目である投与開始日を基準と した最終評価時の mEASI スコア注の変化率について、プラセボに対するコレクチム®軟膏 0.5%の優 越性が確認されるとともに、長期投与時における安全性についても確認されました。
JT 及び鳥居薬品は、コレクチム®軟膏 0.5%がアトピー性皮膚炎治療の新たな選択肢になるもの と期待しています。

なお、現在、デルゴシチニブについては、2 歳以上 16 歳未満の小児アトピー性皮膚炎患者を対 象とした国内第Ⅲ相臨床試験を実施しています。

https://www.torii.co.jp/release/2020/20200422_1.pdf

 

参考

日経メディカル 2020/02/07

世界初、アトピー性皮膚炎への外用JAK阻害薬

 

AERA dot. 2020/07/10

世界に先駆けて日本で承認されたアトピー性皮膚炎の新薬 医師が期待する効果とは?

 

日本国内では現在、コレクチム以外にもJAK阻害薬がアトピー性皮膚炎を対象に臨床試験を行い開発中となっています。

2018年4月発売された生物学的製剤「デュピクセント」(デュピルマブ)に続く抗体医薬の開発も進んでいます。

 

このように医療の進化は著しいので、今お肌のことで苦しんでいる人たちも自分に合った最適な治療法が見つかればいいですね。

でも、心と体を整えて自分自身の健康を作り出すことは常に忘れないでくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美涼

中学生の時に肌の痒みや症状が悪化、脱ステロイド、離脱症状を経験。 その後、一進一退を繰り返し30年以上あらゆる治療法を試す。 自己啓発や心理学に出会い、自分の思考が現実を作り出していると自覚する。もう一度生活を見直し、思考の修正でお肌が改善。 これまでの自分の経験、体験談を紹介し肌に悩む方に役立つ情報を発信していきます。

読んでほしい記事

アトピー、アレルギー、敏感肌の人におすすめの絶賛アイテム 1

今まで本当に長い間、お肌のことには悩まされてきました。 自分なりに沢山調べて、かなりのお金もつぎ込み、色々なものを買っては試してきました。 本当に気に入って続けて買うことってあまりないのですが、「これ ...

浸出液・黄色い汁・リンパ液・ジュクジュクアトピー対策 2

肌の症状、湿疹、炎症が悪化すると、 掻きすぎて皮膚がボロボロになり黄色い汁(浸出液)が止まらなくなることがあります。 痛いのに痒い、不快感がもう半端なくて、本当につらい! 風が吹くだけ、動くだけでも痛 ...

顔のアトピーがひどくて気になる時にガーゼマスク 3

私は一般的によく使われている不織布のマスクは肌が痒くなったり、肌荒れしたりしてとても苦手でした。 敏感肌の人は、不織布マスクで顔がかぶれてしまうこともあるそうです。   目次不織布マスクはな ...

-ステロイド以外の治療, 新薬
-, ,

Copyright© 心と体を整えて幸せになる方法 , 2022 All Rights Reserved.